利便性に優れた賃貸マンションで快適に暮らすために

サイトマップ

家選び

不動産事前確認の落とし穴

テーブル

小さいころから引っ越しを繰り返してきた我が家は今年に入ってまた引っ越しをしました。前のアパートは家賃10万円。今回は11万円のマンションに入居となりました。賃貸マンションです。今まで、隣人の音がうるさく、眠れない夜を送ってきたのでその辺を重視して選びましたところこちらは防音壁らしく隣の音は気にならないとのこと、しかも、片方は空室なので安心です。何度も家族と一緒に内見をしてましたので間取りにはふまんはありませんでした。
しかし、住んでみると問題が発覚しました。トイレの床が少したわんでいたのでした。まさかトイレまでは詳しく見なかったのでこれは重大なところを見落としたなと後悔してました。私はもしやと思い、壁をくまなく見たら、やはり一部が剥がれておりました。これは、不動産屋に連絡した方がいいのかどうかわからないまま一か月が過ぎました。
そして、妹がダイエットボールをしていた時の事です。いつものようにバランスを崩した妹が壁にのけぞるように倒れました。妹はあっと手をついたのですが、その時に壁のへりに指をかすりました。一瞬の出来事でしたが、起き上がった妹が指を見ると、血がどくどく出ていました。原因は壁のへりから釘が出ていたことでした。
この部屋は、事前に業者を入れて修繕してから引き渡したようですが、業者の見落としで釘が出ていたそうです。もう怒って不動産屋に抗議しました。すると「入居してすぐ行ってもらわないと困る。自分でやったのではないか」と回答が来ました。これには私も驚きました。自分たちの日を私たちに押し付けるなんて。
だから、いくら内見をしていても不安なところは不動産屋に確認した方がいいです。入居してからも不審な点があったら不動産屋に連絡を。じゃないと私みたいになりますから。

choices post

Copyright © 2017 利便性に優れた賃貸マンションで快適に暮らすために All Rights Reserved.