利便性に優れた賃貸マンションで快適に暮らすために

サイトマップ

家選び

article list

賃貸マンションで快適に暮らすには。

観葉植物

あなたが安心して安全に暮らしていくためには、快適な住まいが必要です。戸建住宅と違って、賃貸マンションでは、気を付けなければならないことがたくさんあります。まず、あなたに健康的な暮らしをしてもらうために気にかけてもらいたいことがあります。それは、日当たりの良い部屋を選ぶことです。仕事が忙しくて、ほとんど家にいないから関係ないのではと思ったあなたに伝えたいことがあります。日光には、殺菌効果あります。日当たりが悪いとお部屋の殺菌がされないので、細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。細菌が増殖してしまうと食べ物に影響がでてしまいます。そうならないためにも日当たりの良いお部屋を選ぶことをおすすめします。
賃貸マンションでは、周りの居住者とのトラブルも発生します。トラブルを未然に防ぐための努力はやっていて損はないでしょう。特に多いのが生活騒音のトラブルです。足音や隣の部屋からの話し声など様々な騒音問題が発生します。極力、騒音問題を回避するためには、お部屋を選ぶときに床の厚さと仕切り壁の厚さを確認しておくとよいです。床の厚さは200ミリ以上、仕切り壁の厚さは180ミリ以上あると安心でしょう。
また、設備の確認もしっかりとしておかなければなりません。賃貸マンあションでは、エアコンがついていないことが普通です。しかし、入居部屋にエアコンがついている場合があります。そのときに確認してもらいたいことがあります。それは、そのエアコンは大家さんがサービスでつけてくれたのか、前の入居者がつけたまま退去したのかです。前者ですとエアコンが故障したときには、大家さんが負担することになりますが、後者の場合は自分で修理の負担をしなければなりません。どちらが修理するのかでトラブルにならないためにもエアコンの設置は誰が行ったのか確認しておきましょう。以上のことを気にかけて賃貸マンションを選んでもらえれば幸いです。


利便性に優れた賃貸から離れられない


私の今までの住まいは、すべて賃貸です。先日も引っ越しの際、賃貸マンションを契約しました。本当なら、そろそろ自分の不動産が欲しいところなのですが、今回は、賃貸に条件ピッタリの物件があったので、賃貸にすることにしました。
賃貸マンションのいいところは、なんといっても利便性です。設備が整っていて、ある程度の広さで、おまけに駅から近い物件は分譲だとなかなか手にはいりませんが、賃貸ならばお手頃な価格で借りることができます。最近では、分譲用のマンションを賃貸として貸し出すタイプの物件もあるので、分譲の利便性と設備を、賃貸でも使うことができるのはとても便利です。一度不動産を買ってしまうと、その場所に縛られて、隣近所でトラブルが起こってもなかなか引っ越すことができない、なんてことがありますが、賃貸ならば気軽に引っ越すことができるのです。また、分譲マンションでよくある補修費や共益費など余計な出費がかからないところも魅力です。最近では、そうした費用がどんどん値上がりしているらしく、下手をすると安い賃貸の家賃を払うのと同じくらいのお金が年間でかかってしまいます。最終的にはやはり分譲マンションを手に入れたいのですが、利便性に優れた賃貸である程度暮らしてからでもいいかなと、最近は思っています。

【大阪でリフォームするなら大阪の平野の明浄工務店がおすすめです!】


東京で安く借りれるマンションはマンスリーで利用できる新宿の物件を取り扱っている「エルシボックス」がオススメです!

choices post

Copyright © 2017 利便性に優れた賃貸マンションで快適に暮らすために All Rights Reserved.